いろどりぷらす

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いろどりぷらす

ふつうの生活に彩りをプラス!おもしろいコンテンツを紹介したり、考えたことを書きます。

『月がきれい』第一話の感想

日本でいま成人している人のほぼ100%が中学生を経験している。みんなが同じ空間で飽きるぐらいずっと一緒に過ごすというのは人生でもなかなかできないことだ。


社会人にもなると、自分が勤めている会社以外にもいろんなコミュニティに所属していて、仕事が終わったら一緒に仕事をしている仲間ではない友達と時間を過ごすこともあるだろう。しかし中学生は良くも悪くも学校がすべてだ。テストでいい点数を取って校内の掲示板なんかに張り出されたら嬉しいし、仲良くしていた友達からないがしろにされたら悲しい。閉鎖的であるからこそ、校内で起きるささいなことが自分の心を刺激するのだ。

 

f:id:irodoriplus1:20170410231318p:plain

 

f:id:irodoriplus1:20170410231241p:plain


『月がきれい』というアニメの第1話を見た。主人公の小太郎は小説が好きな男子中学生。ヒロインの茜は引っ込み思案な女子中学生。たまたま同じクラスになった2人がなんとなくお互いの存在を意識しながら、これから恋に発展しそうな雰囲気がプンプンしてとても楽しい。


主人公とヒロインがそれぞれ家族と一緒にファミレスで夕食を食べるところで、まだまともにしゃべったことのない2人が初めて顔をあわせる。


まずここでかわいいのが小太郎。ドリンクバーで何を飲もうか迷っているところで茜ちゃんが見ているから、と慣れないコーヒーを背伸びしてコップに注いでしまうんですよ。全然おいしく飲めないのに。少しでも大人な姿を見せたいという見栄に、親が幼い子を見るような気持ちになった。


そして茜は茜でかわいい。小太郎の家族と顔を合わせただけで、何も悪いことをしていないのに、帰り際にこんなことを言い残すのだ。


「今日のこと、学校では言わないで」

 

うわーーーーー!!!何これ!?!?

 

30を越えた男女であったら、あたかも不倫しているかのような言い草だ。女の子にこう言われたら、なにかイケないことをしたんじゃないかと錯覚するでしょ。確かに僕も中学生の頃は学校で波風が立たないように、噂の種になるようなことはできるだけ避けていた覚えはある。懐かしい。


きっとこの作品には中学生のリアルが詰まっているから、僕の奥底に埋まった当時の見栄や恐怖、興奮なんかが掘り返されて、なんだかこちらも恥ずかしくなってしまうのだろう。しばらくは幼い気分で過ごせそうだ。

 

公式サイト : ☾ 月がきれい

近眼をバカにしてごめんなさい

僕は控えめに言っても重度の近眼だ。なにせ小さな頃から、これをやったら目が悪くなると言われていることをかたっぱしからやってきた。

 

小学校の低学年で「ゲームボーイポケット」を親に買ってもらった。それまでは折り紙や泥だんごを作ることしか楽しみがなかったところに突然ポケモンが出てきたんだからハマらないわけがない。「ゲームは1日30分」という親との取り決めをまったく守らず机の下、押入れの中、ふとんの中、と小さな体が収まる場所を見つけては、隠れてポケモンの育成に精を出してきた。

 

「ニンテンドースイッチ」をはじめとするこの頃のゲーム機とは異なり、「ゲームボーイポケット」の画面にはバックライトがなかった。だから当然、暗い部屋では画面が暗くなる。暗い画面を凝視していたのだから目の機能に異常が出てもおかしくない。

 

ゲームだけではなく本もよく読んでいた。「本を読むことは正義である」という信条を両親が掲げていたので、幸か不幸かほしいとねだった本はたいてい買ってもらえた。特に中学生の頃に友人から勧められた村上春樹や吉本ばななといった近年の作家の小説をよく読んだ。細かい文字を、ゲームをプレイする要領でじっと見つめるように読んでいたのだからこれもまた目に悪そうだ。

 

と、こんな風に目を悪くする活動に勤しんでいたおかげで、いまでは立派な近眼のできあがり。3分クッキングほどの手軽さはなくとも、まったく苦労せずに苦労するような状況に陥ることができた。

 

目が悪くなったことのない人にはわからないかもしれないが、遠くが見えないというのは本当に不便である。高校の校舎で好きな女の子が廊下の向こうから歩いてきても、8mぐらいまで近づかなければその子である確証は持てない。逆に好意を寄せている女の子が歩いてきた、とドキドキしていたらまったく別の女の子だなんてこともざらにある。

 

僕は幸いにも金銭を失うなどの損はしていないものの、近眼によってお金を失うこともあるんじゃないか。それほどのハンデを背負っているのだから、近眼はあるラインを越えるともはや障がいに近い。片足を失った人は車いすがなければ活動がひどく制限されるのと同じように、極度の近眼の人はメガネやコンタクトを失うと、ほとんど行動ができない。レンズを通さなければ魅力的な女の子の姿を見ることさえかなわない人生なんて、皮だけの餃子を食べているように虚しいものだ。しかしこのツラさは自分で体験しないとわからない。

 

僕が通っていた中学校にはとても目の悪い国語の先生がいた。メガネなしでは遠くがほとんど見えないようで、教卓に置いてある出席簿を読み上げるために顔との距離を15cmほどまで近づけていた。当時はそんな様子を少し奇妙なものとして見ていたので友だちとからかうこともあった。だが本当に困った状況に置かれることもあっただろう。自分の若さゆえの無知にあきれる。

 

メガネが手放せなくなってから優秀なロボットがほしくなった。自分の代わりにまわりを見てくれて目的地へ先導してくれる。スピードを出した車がビュンビュン走る道路ではきちんと安全を確保してくれる。そんな便利な存在がいてくれたら、見えないものを見えるようにと体を矯正することなく自然に生きられるのになんてことを思う。

 

とはいえ近眼を強くするような活動はもはや抜けられない蟻地獄のように習慣となっている。先週末に購入した「ニンテンドースイッチ」と「ゼルダの伝説」のおかげで毎日が寝不足だ。なんておもしろいゲームを開発してくれたんだ、と嘆いても仕方がない。近眼のみなさまに幸あれ。

下品な言葉

電車に乗っていると、聞こうと思っていなくともまわりにいる人たちの会話が耳に入ってくる。3月末にスーツを着た大学生が「今日の卒業式でもう一生会わない人もいるんだよな」なんて話しているとこちらもなんだかしんみりしてしまう。こんな会話ばかりならまったく問題ないのだが、たまに場を凍らせるような言葉に出会うとヒヤヒヤする。

 

つい先日も電車に乗っていると1組の若いカップルが乗車した。大学1年生ぐらいだろうか。お酒入っているのかお互いに明るい声を掛け合っている。すると突然、カップルの男性が一言。「なんかイカ臭くない?」

 

 

 


場が凍るとはこのことか。会話が聞こえていたであろう範囲の人たちがハッとしたように黙ってしまった。しかし誰かが指摘するほどのことでもなく、自然と元のにぎやかな状態に戻っていった。

 

大学生を責めるつもりはまったくないのだが、とはいえイカの視点に立ってみれば甚だ迷惑ではないだろうか。イカはイカとしてまっとうに生きて調理されているだけなのに、人間から発生するにおいと似ているというだけで下品なものとして扱われている。仮に僕が「谷口」という名字だったとして、電車で「ここなんか谷口臭くない?」なんて言われたらしばらく黙ってうつむいてしまいそうだ。

 

使う言葉が誰かを傷つけてしまったり、下品なものになっていないかと気を張っていると使える言葉がどんどん減ってくる。

 

僕は外国人とやり取りをすることがある。いまやあまり使われなくなったが「ファックスってどこにある?」と話しかけるときなんかは、マネキンのように表情は変えないけれども下品な言葉として聞こえていないか気になってしまう。まあそんなことはないだろう。明らかに気にしすぎだ。

 

僕はやらないからそもそも会話にも出てこないのだけれど、パチンコも危うい言葉だ。こんなことを気にしているのは男子中学生か僕くらいのものかもしれないが、身なりの整った若い女性がパチンコの話をしているとなんだかイケない会話を耳にしているような気分になってくる。もちろんまったくイケないことはない。

 

単語本来の意味から外れて音だけに注目するから、こんなめんどくさいことになってしまう。深く考えずに聞き流せばいいのだが、こうして文章を書くことをしている身としてはどうしても気になってしまうところだ。

広告を非表示にする

ラブコメからホラーまでが1冊に。おすすめマンガ短編集『空が灰色だから(1)』阿部共実

 
いやーなんかホントに阿部共実さんの作品が好きなんですよね。これまであまり文章に起こしていなかったんですが、作品のお気に入りポイントなんかを紹介します。
 
まずは『空が灰色だから(1)』。この短編集は巻末の説明にある通り、「10代女子を中心に、人々のうまくいかない日常を描く オムニバス・ショート」です。「うまくいかない日常」の結果が、不器用な女の子を見て思わずニヤッとしてしまうようなラブコメになったり、背筋がヒヤッとするホラーテイストの物語であったりします。
 
 

第6話『今日も私はこうしていつもつまらなさそうな顔してるあいつとつまらない話をして日を過ごしていくのだ』

 
タイトルながい!
 

f:id:irodoriplus1:20170109165707p:plain

 
この顔の描き込まれていない女の子が主人公。幼馴染の男の子に通学路で出会う。でもなんだか相手の男の子の慶太くんの様子がおかしい。
 
思い出話をしていると、ついにはこんなことまで言われてしまう。
 

f:id:irodoriplus1:20170109165652p:plain

 
記憶喪失を訴える女の子。真相は…
 

f:id:irodoriplus1:20170109165729p:plain

 
恋愛はうまくいきませんなあ。
 
 
 

第7話『ひとりぐらし』

 
駅チカマンション、20帖なのになぜか家賃は1万円。完全ないわくつき物件である。
 

f:id:irodoriplus1:20170109165742p:plain

 
いろいろあって幽霊に好かれる主人公。その結果がこれである。
 

f:id:irodoriplus1:20170109165753p:plain

 
 
本を投げてきた上で抱きつき、しめる唇…
 
うおー!!!
 
ラブコメの女の子はたいてい美女でどんな読者も魅了しますが、姿が見えなくてもめっちゃかわいいじゃんなんて思っちゃいました。
 
 

第9話『夏がはじまる』

 

f:id:irodoriplus1:20170109165805p:plain

 
履いてないと思ってましたーーーーー!
期待してごめんなさい!!
 
 

第8話『星畑玉姫高校2年生17歳 花村奈々美高校2年生17歳 鬼ヶ原樹里子高校2年生16歳物語』

 
かわいすぎんだよー!なんて瞬間も。
 

f:id:irodoriplus1:20170109165822p:plain

f:id:irodoriplus1:20170109165829p:plain

 
いろんなベクトルで心が動かされる大好きな短編集です。

「頭寒足暖」が心地よい

年末も年末。あと1日と数時間で除夜の鐘があたりに響き渡るころ。ひたすらに寒い日が続き、体温でこたつのように暖まった布団はもはや蟻地獄である。あまり空調の類は使いたくないが、もうさすがに何も使わずに過ごすのはツラいもの。

 

僕の部屋には現代の若者らしく冷暖房が完備されているのだが、どうにも暖房は好きになれない。部屋全体が暖かければ、脇にあるベッドに寝転んでも、机で作業をしていても同じように快適である。しかしどうにもちょうどいい温度に保つのが難しく、いつも少し汗ばむほどの室温になってしまう。

 

過度に暖かくなると、身体は春の陽気に包まれているかのようにぼんやりしてしまう。集中して文章を書きたいと意気込んでいても、「まぁ一行書いたからいいか」なんてのんきなものだ。

 

偽装された春の陽気から逃れる手段を考えた。僕の解答は机の下に収まる小さなヒーターだ。これが大変な優れものでスイッチをつければ1秒で足元が暖まる。上半身には厚手の半纏。全くスキがない。頭部は多少寒くとも問題はないどころか、冴えない頭がほんの少し冴えたような気さえする。頭寒足暖(僕の造語だ)はいい。

 

マンガは短編集がおもしろい。阿部共実というマンガ家を知っているだろうか。彼(正確に性別を把握していないので、便宜的に彼と呼ばせていただく)は『ちーちゃんはちょっと足りない』で『このマンガがすごい!2015』オンナ編第1位を獲得している。しかしなんと言っても短編集の出来がとてもよい。

 

『死にたくなるしょうもない日々が死にたくなるくらいしょうもなくて死ぬほど死にたくない日々』はいかにも危なそうな雰囲気が漂っている。ねこを飼っていない男性の家に猫好きの女性が訪れてイチャつく物語や、何を問うても「え」としか返答しない女子高生の笑える話。春の陽気が漂っているのかと思いきや、友だちのいない高校生を絶望に陥れるひどい吹雪のような話なんかもある。この1冊に四季が詰まっているかのごとく、全く違う景色を見せてくれる。

 

僕にとってはこの「頭寒足暖」のような変化値、というか落差が大きいものに惹かれるのかもしれない。

 

今年は豊作であった映画でいうと、『怒り』が特に好きだ。映画館に足を運んだ方なら誰しも、あの沖縄の学生に自分の姿を投影して「なぜあの子を守ってやれなかったんだ」と強い後悔に苛まれたことだろう。直前には高校生らしく心が近づく様子が描かれ落差があったからこそ、印象に残るような作品になる。

誰がやるのかわからないガチャガチャ【勝手にグッドデザイン賞】

唐突ですが、自分の目を養うためにも「勝手にグッドデザイン賞」というコーナーをつくることにしました。意匠デザイン(見た目など)と機能デザインに優れていると僕が感じたモノ・サービスに勝手に授与します。いわば、これすげー!とデザイン面で驚きのあったものを紹介するということです。

 

f:id:irodoriplus1:20161030182812p:plain

 

勝手にやっているだけなので、1億円で買われるほどの経済効果なんかは全くありませんよ。

 

栄えある第1回は…こちら!

 

「定礎-マグネット&置物- ガチャガチャ」

f:id:irodoriplus1:20161030002322p:plain

 


Good
・ニッチすぎて、思わずツッコみたくなる欲が湧く
・ガチャガチャコーナーに注意を集める装置になっている


数ヶ月前に見つけたものなので、どこで出会ったのか記憶が曖昧なのですが、ショッピングモールの片隅にあるガチャガチャコーナーに佇んでいました。

 

このガチャガチャを見て最初に思うのは、「絶対やる人いないだろ」ということ。だってたとえば自分の彼女が家の冷蔵庫に「定礎 平成18年9月」なんてマグネットを貼っていたら、こいつヤバいやつだって思いませんか。「見て見て、この定礎!イケてる〜!」とかきっと言うんですよ。

 

通りがかった人は、定礎ガチャガチャをやる人がいなさそうすぎて、ツッコみたくなる欲望にかられます。しかしそれがこのガチャガチャの役割なのです。これ自体にお金を払う人はいなくても、興味を持った人が隣のかわいい猫ガチャガチャにお金を払うということは発生しているはず。

 

これはいわば全盛期のイブラヒモビッチのポストプレー。どこからどんなボールが来ても優しくトラップして的確な位置にパス。どんな人が通ってもまず定礎ガチャガチャが視線を集めて、隣のわりと普通なかわいいガチャガチャへと誘導する。そんな影の立役者に「勝手にグッドデザイン賞」を授与します。