いろどりぷらす

いろどりぷらす

ふつうの生活に彩りをプラス!おもしろいコンテンツを紹介したり、考えたことを書きます。

おすすめマンガ

『ミュージアム』巴亮介 (ネタバレ&解釈)

最近、やけに検索流入が多いなと思っていたら、「ミュージアム マンガ ネタバレ」で検索して僕の記事にたどり着いている方が多いようです。自分でも調べてみると、なんと検索結果1位。ネタバレないのに...。 基本方針としてネタバレ無しでおもしろさを伝えよ…

好きなことを仕事にしたいですか?

好きなことを仕事にしたいですか。 ここ数年で「好きなことを仕事にする」というような言葉が手を変え品を変え浸透してきたように思います。ノマド、ブロガー、ユーチューバー...。この標語のような言葉は聞いていて心地がいいので、そんな風に生活できるの…

思春期エネルギー全開っ!!! ほんっと... バカだなぁ お前らー『R-中学生』ゴトウユキコ

本のいいとこおすそわけ。 今回ご紹介するのは、ゴトウユキコさんの『R-中学生』(3巻完結)というマンガです。思春期エネルギー満載の最高のマンガでした。 あらすじ 普通の男子にみえて実は汚物のニオイフェチの伊地知。同じクラスの女子の透けブラジャーが…

ああ、こんな素敵な夏休みいいな ー『子供はわかってあげない』田島列島

本のいいとこおすそわけ。 どうも、いろぷらです。 今回ご紹介するのは、田島列島さんの『子供はわかってあげない』です。『このマンガがすごい!2015』で3位、独断と偏見で自分にとって面白かったマンガを選ぶTwitter発の有志企画「俺マン2014」で1位と、今…

20%以上割引されているおすすめkindle版マンガ15作品+α

自分のためにセール中のお買い得なマンガを探していたのですが、読んだことのある作品で安くなっていたものがたくさんあるので、ご紹介しようと思います。 2015年1月10日時点で、紙の本に比べてkindle版が約20%以上割引されているものの中から、おすすめで…

私はあなたになりたいの ー『累』松浦だるま

本のいいとこおすそわけ。 こんにちは、いろぷらです。 今回ご紹介するのは、松浦だるまさんのデビュー作『累(かさね)』です。人の美醜を描いた、続きがとても気になる作品です。現在(2015-01-09)、イブニングで連載中。4巻まで発売されています。以下、あら…

冬に部屋でこれ使うとマジで捗るぞwwww

とまあ2chまとめのようなタイトルをつけてみたわけですが、これが功を奏しているのかどうかはわかりません。いろぷらです。 冬になると、暖房使うじゃないですか。でも部屋を暖めすぎるとぼーっとする時間が増えてしまうようなイメージがあるんですよ。夏よ…

すべての出来事を記憶している人が実在するらしい。(『おもいでエマノン』をもっと楽しむ!)

先日、こんなマンガを読みました。 旅中で出会う女性はなぜこうも魅力的なのかー『おもいでエマノン』梶尾真治・鶴田謙二 - いろどりぷらす 旅中で出会う女性はなぜこうも魅力的なのかー『おもいでエマノン』梶尾真治・鶴田謙二 - いろどりぷらす この作品の…

旅中で出会う女性はなぜこうも魅力的なのかー『おもいでエマノン』梶尾真治・鶴田謙二

本のいいとこおすそわけ。 今回ご紹介するのは、某ギャルゲーの原作なのではないかという話を聞いて手にとった梶尾真治さんと鶴田謙二さんの『おもいでエマノン』。梶尾さんのSF小説が原作で、そこに絵をつけてできたマンガです。あらすじとともに軽いレビュ…

変態主人公がタイムリープ!時を越えて初恋を汚す―『生まれる価値のなかった自分がアンナのためにできるいくつかのこと』永瀬ようすけ

本のいいとこおすそわけ。 こんにちは、いろぷらです。僕はたまにあの頃に戻れたらいいな、と思うことがあります。程度の差はあれど、誰でもそう考えることがあるのではないでしょうか。 物語でも時間遡行/タイムリープといった形で記憶はそのままに、時間を…

ここは静かな夢の世界―『夜とコンクリート』町田洋

本のいいとこおすそわけ。 今回ご紹介するのは、町田洋さんの『夜とコンクリート』。第17回文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞を受賞しています。 表題作のみ、公式ホームページで閲覧できます 町田洋 夜とコンクリート 町田さんの作品の雰囲気を知るため…

駕籠真太郎版『世界の終わりとハードボイルドワンダーランド』―『フラクション』駕籠真太郎

本のいいとこおすそわけ。 今回ご紹介するのは、 駕籠真太郎 さんの『フラクション』。 これは…なんと言えばいいのか。表題作を読むと、 おそらく笑う人と怒る人がいるはず。ちなみに僕は驚くと共に笑った。猟奇ミステリーを読んで笑うとはどういうことか、…

保存版!みんなの「おすすめマンガまとめ」のまとめ 【2016年も健在】

「またまとめ記事かよ…」と思いながらもクリックしてしまったあなた。そうです、まとめです。 ただし、僕個人のまとめではなくほかの方々の「まとめ」をまとめました。なんか子どもの頃の言葉遊びみたいですね。そのうち「まとめのまとめのまとめのまとめ を…

ラスト3ページでゾクッとするサスペンスホラーマンガ―『ミュージアム』巴亮介

小栗旬さん主演の映画『ミュージアム』が公開中。この記事では原作のマンガを紹介しています。 今回ご紹介するのは、巴亮介さんの『ミュージアム』というサスペンス・ホラーマンガです。3巻で完結する比較的短いマンガですが、かなり出来がよかったです。 あ…

「犬」とは何か、考えたことありますか?―『伝染するんです』吉田戦車

本のいいとこおすそわけ。 どうも、いろぷらです。 これはすごいです。『伝染するんです』は最近読んだマンガの中で1番。だけど、人を選ぶ作品。 4コママンガでこれだけ考えさせられる作品があるのか、と驚いた。僕がこれまで読んできた4コママンガはどれも…

趣味があれば生きられる―『花と奥たん』高橋しん

本のいいとこおすそわけ。 こんにちは、いろぷらです。 『花と奥たん』は『最終兵器彼女』の作者高橋しんさんの作品。2007年から『週刊ビッグコミックスピリッツ』で不定期連載中です。 あらすじ 東京近郊の住宅街、うるわしが丘。そこの一戸建てに、ミニウ…

人はいつになったら大人になれるのか―『劇画・オバQ』藤子・F・不二雄

『劇画・オバQ』は『オバケのQ太郎』の後日談だ。社会人になった主人公、正ちゃんのもとにオバケのQ太郎がやってくるところから始まる。 オバケの一生は500年。地球の1/5のスピードで歳を取るらしく、Q太郎はいまだに子ども時代の振る舞いをする。夜遅くまで…

「このマンガがすごい!2015」ランキング上位10作品まとめました【オンナ編】

先日、このマンガがすごい!2015 が発表されました。 このマンガがすごい!とは すごい、楽しい、おもしろい、オススメしたい……。そんなマンガを多数紹介してきた、マンガの年刊ガイドブックが「このマンガがすごい!」です。 ランキングは書店員や、雑誌編…

タラレバ、って理想ばっか語ってんじゃねぇ!!―『東京タラレバ娘』東村アキコ

本のいいとこおすそわけ。 こんにちは、いろぷらです。 いつも読んでくださってありがとうございます。 今回取り上げるのは、東村アキコさんの『東京タラレバ娘』というマンガです。この作品は『このマンガがすごい!2015』の第2位を獲得している人気作品で…

「このマンガがすごい!2015」ランキング上位10作品まとめました【オトコ編】

先日、このマンガがすごい!2015 が発表されました。 このマンガがすごい!とは すごい、楽しい、おもしろい、オススメしたい……。そんなマンガを多数紹介してきた、マンガの年刊ガイドブックが「このマンガがすごい!」です。 ランキングは書店員や、雑誌編…

ささいなことで傷ついてしまうのが現実 ―『ちーちゃんはちょっと足りない』阿部共実

『ちーちゃんはちょっと足りない』は2014年度の第18回文化庁メディア芸術祭、マンガ部門の優秀賞を受賞した作品。 さらに、先日発表された「このマンガがすごい!2015」オンナ編で1位を受賞しました。おめでとうございます! 読んでみて、複数の賞に選ばれる…

この "無職感" に癒やされる。―『34歳無職さん』いけだたかし

本のいいとこおすそわけ。 今回ご紹介するのは、『34歳無職さん』というマンガです。 概要 『34歳無職さん』の作者はいけだたかしさん。メディアファクトリーの月刊漫画雑誌『コミックフラッパー』で連載されています。無職である34歳独身女性の何気ない日常…

こんなマンガがあったのか!メディア芸術祭 受賞マンガ 32作品まとめました【2014-12-20更新】

先日、2014年度第18回文化庁メディア芸術祭の受賞作品が発表されました。 メディア芸術祭とは 文化庁メディア芸術祭はアート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4部門において優れた作品を顕彰するとともに、受賞作品の鑑賞機会を提供するメデ…

禿げたオッサンのツンデレ話―『春風のスネグラチカ』沙村広明【メディア芸術祭】

こんにちは。 本のいいとこおすそわけのコーナーです! 『春風のスネグラチカ』は2014年度の第18回文化庁メディア芸術祭、マンガ部門の優秀賞を受賞した作品。作者は沙村広明さん。マンガ・エロティクス・エフで2013年〜2014年に連載されていました。 あらす…

熱くて痛い、少し前の自分を見ているような気になる ―『アオイホノオ』島村和彦【メディア芸術祭】

本のいいとこおすそわけのコーナーです。 『アオイホノオ』は2014年度の第18回文化庁メディア芸術祭、マンガ部門の優秀賞を受賞した作品。2007年から連載が始まり、未だに連載中です。なので最終的な展開はまだわかりませんが、おすすめなのでご紹介します。…

映画化する『羊の木』は思わず入り込んでしまう名作マンガ。いがらしみきお原作、メディア芸術祭で優秀賞

2016/09/23追記 こちらの記事で紹介している『羊の木』の映画が2018年公開します。そこに関ジャニ∞の錦戸亮さんが出演することが発表されました。記事上部では原作であるマンガの紹介、下部で映画の情報を追記しています。 目次 マンガ『羊の木』のあらすじ …

人はよくわからないものを恐れる。『座敷女』ー望月峯太郎

本のいいとこおすそわけ、記念すべき第一弾! (初めましての方は以下を参照してください。) <a href="http://irodoriplus1.hatenablog.com/entry/2014/11/24/%E6%9C%AC%E3%81%AE%E3%81%84%E3%81%84%E3%81%A8%E3%81%93%E3%81%8A%E…

飲み会前に読んでおくとウケること間違いなし!グルメギャグ漫画『目玉焼きの黄身いつつぶす?』

『目玉焼きの黄身いつつぶす?』(おおひなたごう) 先日ご紹介した『おとりよせ王子飯田好実』のように、世の中にはグルメ漫画が山のようにあります。『目玉焼きの黄身いつつぶす?』も食をテーマに扱っているのですが、食べ物そのものではなく、”食べ方”にフ…

なんなんだ、このギャグアニメ。作画に熱が入りすぎてておもしろい。『日常』

僕はあまりギャグアニメは見ないのですが、このアニメはハマりました。 『日常』はあらゐけいいち さんの原作マンガを2011年にアニメ化したものです。 作画に熱が入りすぎ! 描写の種類も豊富。 *1 ストーリーのひとつひとつはとても短いです。テンポよく絵…

朝ごはんが楽しみな生活は幸せ。『おしゃべりは、朝ごはんのあとで。』

秀 良子『おしゃべりは、朝ごはんのあとで。』は ビッグコミックスから出ている料理エッセイ漫画。 朝ごはんが楽しみな生活は幸せだなと感じさせてくれる一冊です。 著者が自腹をきって様々なところで朝ごはんを食べている様子が描かれています。食べ物に対…

毎日1000以上のフィードを消化しているブログ好きが紹介する「好きなブログ・おすすめのブログ」10選

11月7日で「はてなブログ」が3周年、2ヵ月後の2015年1月16日には「はてなダイアリー」が12周年を迎えるということで、たくさん読んできたブログの中でも好きなブログをご紹介させていただきます。 読書の幅を広げるブログ わたしが知らないスゴ本は、きっと…

アニメ、マンガ好きで知らない人は損してる!異端アニラジ『ノイタミナラジオ』

アニメ好きの方は最近アニラジ(アニメラジオ)が流行っていることをご存知でしょう。本当に多いんですよ。 <a href="http://www.onsen.ag/">インターネットラジオステーション<音泉></a> <a href="http://hibiki-radio.jp/">響 - HiBiKi Radio Station -</a> 普通のアニラジはアニメの放送期間中、アニメに合わせたコーナーを設けて声…

『喰う寝るふたり 住むふたり』は恋人との関係を良好に保つためのケーススタディ集だ。

『喰う寝るふたり 住むふたり』(日暮キノコ) 『喰う寝るふたり 住むふたり』は恋人を大切にするためのケーススタディとして使える。 自分が大切に思っている異性が突然不機嫌になったり、 機嫌がよくなったりと不思議に思ったことがあるだろう。 本作は恋人…

新しい形のグルメ漫画『おとりよせ王子飯田好実』のお取り寄せグルメが魅力的すぎる!

『おとりよせ王子飯田好美』高瀬志帆 SEとして毎日遅くまで黙々と働く飯田くん。 ご飯と美味しいお取り寄せを何より愛する彼は、 夜間配達を受け入れる週に一度のノー残業デーに 人知れずおとりよせ王子になるのだった!? グルメ漫画は世の中にたくさんありま…