いろどりぷらす

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いろどりぷらす

ふつうの生活に彩りをプラス!おもしろいコンテンツを紹介したり、考えたことを書きます。

Youtubeの動画をみんなで見られる『QIQI』がまるでイベント会場で新鮮

Youtubeの視聴体験を大きく変えるアプリが登場しました。とても面白いです。 そのアプリの名前は『QIQI』です。 QIQI - リアルタイム動画SNS Sanrenp, Inc. ソーシャルネットワーキング 無料 サマーウォーズ感あふれるPV 2015年7月16日にリリースされたばか…

MacBook Air のキーボードカバーでおすすめできるのが見つかった―『Typist for MacBook Air 11inch』

お使いになっているMacのキーボードの汚れや打鍵音、気になりませんか?おすすめできるキーボードカバーが見つかりましたよ。 以前からキーボードが汚れてしまうのが心配で、気になっていたキーボードカバー。もともと買おうと思っていたのは、こちらの商品…

kindle実質半額セールからマンガ好きが選ぶ、マジでおもしろいマンガ44選

6月1日まで72,000点が実質半額!まとめ買いが特にお得 すでに話題になっているkindleの実質半額ポイント還元セール。この中からオススメ作品を他の記事とは趣向を変えてご紹介したします。 現在(2015-05-31)、1ポイント1円として使えるAmazonポイントが価格…

『ムシヌユン』都留泰作― 性器が変形!?よくわからないのが癖になる、エログロ昆虫マンガ

2015年4月30日に、ついに注目の新刊が登場 本のいいとこおすそわけ。今回ご紹介するのは、都留泰作さんの『ムシヌユン』というマンガです。エロくて気持ち悪くて、よくわからないのが癖になる、とてもおすすめのSFマンガです。2015年4月30日時点で新刊の『ム…

『インベスターZ』三田紀房― 市場を見る目が養える、絶対仕事に役立つ投資マンガ

本のいいとこおすそわけ。今回ご紹介するのは三田紀房さんの『インベスターZ』という投資をテーマにしたマンガです。仕事に役立つ知識、視点がたっぷり詰まっています。 あらすじ お金って何だ?創立130年の超進学校・道塾学園に、トップで合格した財前孝…

あなたの身体を貸してくれませんか。泣ける思考実験マンガー『スキエンティア』戸田誠二

本のいいとこおすそわけ。 今回は戸田誠二さんのSFマンガ『スキエンティア』という1巻完結の作品をご紹介します。SFだけど明るく、とても読みやすいです。感動的なストーリーがありつつ、思考実験としても楽しめます。第1話だけ若干ネタバレを書きます。 登…

コンテンツは表現で差別化するしかない −『コンテンツの秘密』川上量生

本のいいとこおすそわけ。 すでに読んだ方も多いと思うのですが、とてもおもしろい本に出会いました。ドワンゴの川上会長の本は数冊読んだのですが、中でも本書『コンテンツの秘密ー僕がジブリで考えたこと』が1番刺さったのでご紹介します。 本書のテーマは…

『アイム ホーム』石坂啓 −「ただいま」と言える場所はどこにある?

本のいいとこおすそわけ。 今回ご紹介するのは、石坂啓さんの『アイム ホーム』というマンガです。2015年4月から放映されている、木村拓哉さん、上戸彩さんが出演するドラマの原作でもあります。なお、本作は第3回「文化庁メディア芸術祭」(1999年)のマンガ…

野武士だったらどう食べる?という変な視点のグルメマンガー『野武士のグルメ』

本のいいとこおすそわけ。今回ご紹介するのは『孤独のグルメ』で有名な久住昌之さん原作の『野武士のグルメ』という マンガです。野武士のように食事をしたい、というちょっと変わったこだわりを持った人が主人公のグルメマンガです。癖のあるグルメマンガは…

誰だって、自分の居場所を探してるー『りびんぐゲーム』星里もちる

本のいいとこおすそわけ。今回ご紹介するマンガは星里もちるさんの『りびんぐゲーム』です。人の居場所がテーマのラブコメです。ネタバレになってしまうので詳しく書きませんが、いま出版したら大炎上しそうな気がします。笑 概要 舞台はバブル全盛期の東京…

物語上の出来事ではなく、テーマとしての「死」ー『女の子が死ぬ話』柳本光晴

本のいいとこおすそわけ。今回ご紹介するのは、柳本光晴さんの『女の子が死ぬ話』というマンガです。これだけ直接的に登場人物の死を事前に明言している作品はそうそうありませんね。タイトルにある「女の子の死」を単なる物語上の出来事として扱うのではな…

無邪気でかわいい女子高生を眺めつくすー『女子かう生』若井ケン

本のいいとこおすそわけ。今回ご紹介するのは若井ケンさんの『女子かう生』という マンガです。登場人物が全くしゃべらない、とても珍しい形式をとっています。「かわいい」女子高生をひたすら眺めることができますよ。 あらすじ 喋らなくてもカワイイ! サイ…

人間と馬人の雇用格差など、相変わらずプロットがおもしろいー『竜の学校は山の上』九井諒子

本のいいとこおすそわけ。 今回ご紹介する作品は九井諒子さんの『竜の学校は山の上』というマンガの短篇集です。九井諒子さんは、いま人気の『ダンジョン飯』や文化庁メディア芸術祭マンガ部門で優秀賞を獲得した『ひきだしにテラリウム』の作者でもあります…

秘密を共有した2人は夏を越え、大人になっていくー『神様がうそをつく。』尾崎かおり

本のいいとこおすそわけ。今回ご紹介するのは『神様がうそをつく。』というマンガです。1巻完結でとっつきやすい小さな冒険物語です。短いながらも、読んでいてぐっときてしまいました。ネタバレはなしなので、安心してください。 あらすじ 七尾なつるは東京…

ただねこのいる生活がおもしろい。ねこ好き歓喜のねこエッセイマンガー『ねこびたし』新久千映

本のいいとこおすそわけ。今回ご紹介するマンガは新久千映さんの『ねこびたし』というマンガです。ねこ好きにはたまらない、ねこエッセイマンガです。 概要 その出会いは──宿命。そして、ちえぞうさんは略奪(猫)愛へ走る!? ちえぞうさんファミリーと猫ちゃん…

演じることを求められる子どもたちー『夢から覚めたあの子とは きっと上手く喋れない』宮崎夏次系

本のいいとこおすそわけ。今回ご紹介するマンガは宮崎夏次系さんの『夢から覚めたあの子とは きっと上手く喋れない』です。なかなか感想の書きづらい作品でした。しかし、それは本作が駄作であることを表しません。僕は好きです。 概要 初作品集『変身のニュ…

『ワカコ酒』に出てくる料理はなぜおいしそうなのか

グルメマンガを読んでいて、「おいしそう」だと思うこと多くないですか? 僕は作品で紹介されていた商品を購入したり、お店に足を運んだりします。この、読者を消費に駆り立てる力を持っている「おいしさ」の描き方に、興味があります。それに加えて、グルメ…

『ダンジョン飯』に学ぶ、生産性を高めるための「想定力」

どんな事からも何かしら学び取れる人は最強だと思うんですよ。 学力を「学ぶことができる力」、「学べる力」としてとらえるべきだと考えています。(学ぶ力 (内田樹の研究室)) と内田樹さんも言ってますしね。笑 以前から単なるマンガの感想ではなくて、読ん…

RPGの世界で生きるとはこういうこと。『ダンジョン飯』は生活感満載のグルメマンガでおもしろい(感想)

『ダンジョン飯』が「このマンガがすごい!2016」1位に!(2015-12-10追記) 2015年12月10日に発表された宝島社による「このマンガがすごい!2016」のオトコ編の1位として『ダンジョン飯』が1位に選ばれました。おめでとうございます!また、オンナ編の1位は『…

見逃すな!60%オフの角川セールからおすすめ作品選びました。『僕だけがいない街』ほか

Kindle作品50%オフの「ニコニコカドカワフェア」 開催中 この記事で紹介しているセールは終了していますがセール対象として被っている作品が多いのでぜひ参考にしてください。2015年10月1日〜10月7日に行われている「ニコニコカドカワフェア」の情報はこちら…

この宝石の欠片は本棚に置いておきたいー『宝石の国』市川春子

本のいいとこおすそわけ。 今回ご紹介するのは、このブログで何度か触れたことのある市川春子さんの『宝石の国』というマンガです。本棚に置いておきたい作品。 ※本作は『マンガ大賞2015』大賞候補にノミネートされています。 きっと大賞は『子供はわかって…

吃音(きつおん)という症状についてどれぐらい知っていますか?― 『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』押見修造

本のいいとこおすそ分け。 今回ご紹介するマンガは『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』です。このタイトルを見た時、不思議に思いませんでしたか。「自分の名前が言えないってどういうことだ」、「『千と千尋の神隠し』的なことかなー」とか。そうではなく…

『ミュージアム』巴亮介 (ネタバレ&解釈)

最近、やけに検索流入が多いなと思っていたら、「ミュージアム マンガ ネタバレ」で検索して僕の記事にたどり着いている方が多いようです。自分でも調べてみると、なんと検索結果1位。ネタバレないのに...。 基本方針としてネタバレ無しでおもしろさを伝えよ…

好きなことを仕事にしたいですか?

好きなことを仕事にしたいですか。 ここ数年で「好きなことを仕事にする」というような言葉が手を変え品を変え浸透してきたように思います。ノマド、ブロガー、ユーチューバー...。この標語のような言葉は聞いていて心地がいいので、そんな風に生活できるの…

思春期エネルギー全開っ!!! ほんっと... バカだなぁ お前らー『R-中学生』ゴトウユキコ

本のいいとこおすそわけ。 今回ご紹介するのは、ゴトウユキコさんの『R-中学生』(3巻完結)というマンガです。思春期エネルギー満載の最高のマンガでした。 あらすじ 普通の男子にみえて実は汚物のニオイフェチの伊地知。同じクラスの女子の透けブラジャーが…

なぜかわからないけれど、好きなブログってありませんか?

先日、こんな記事を読みました。 最近、ブログが不自由になってきたと思いませんか? - orangestarの雑記 最近、ブログが不自由になってきたと思いませんか? - orangestarの雑記 批判、賛同をしたいわけではないので流し読みしかしていません。 なんとなく…

ああ、こんな素敵な夏休みいいな ー『子供はわかってあげない』田島列島

本のいいとこおすそわけ。 どうも、いろぷらです。 今回ご紹介するのは、田島列島さんの『子供はわかってあげない』です。『このマンガがすごい!2015』で3位、独断と偏見で自分にとって面白かったマンガを選ぶTwitter発の有志企画「俺マン2014」で1位と、今…

20%以上割引されているおすすめkindle版マンガ15作品+α

自分のためにセール中のお買い得なマンガを探していたのですが、読んだことのある作品で安くなっていたものがたくさんあるので、ご紹介しようと思います。 2015年1月10日時点で、紙の本に比べてkindle版が約20%以上割引されているものの中から、おすすめで…

私はあなたになりたいの ー『累』松浦だるま

本のいいとこおすそわけ。 こんにちは、いろぷらです。 今回ご紹介するのは、松浦だるまさんのデビュー作『累(かさね)』です。人の美醜を描いた、続きがとても気になる作品です。現在(2015-01-09)、イブニングで連載中。4巻まで発売されています。以下、あら…

旅中で出会う女性はなぜこうも魅力的なのかー『おもいでエマノン』梶尾真治・鶴田謙二

本のいいとこおすそわけ。 今回ご紹介するのは、某ギャルゲーの原作なのではないかという話を聞いて手にとった梶尾真治さんと鶴田謙二さんの『おもいでエマノン』。梶尾さんのSF小説が原作で、そこに絵をつけてできたマンガです。あらすじとともに軽いレビュ…

「うまさの哲学」ありますか?

糸井重里さんの対談集『経験を盗め 文化を楽しむ編』を読みました。この対談がどれも面白い。複数記事に分けて、考えたことを書こうかと思います。 経験を盗め―文化を楽しむ編 (中公文庫) 作者: 糸井重里 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2007/07/25 …

変態主人公がタイムリープ!時を越えて初恋を汚す―『生まれる価値のなかった自分がアンナのためにできるいくつかのこと』永瀬ようすけ

本のいいとこおすそわけ。 こんにちは、いろぷらです。僕はたまにあの頃に戻れたらいいな、と思うことがあります。程度の差はあれど、誰でもそう考えることがあるのではないでしょうか。 物語でも時間遡行/タイムリープといった形で記憶はそのままに、時間を…

ここは静かな夢の世界―『夜とコンクリート』町田洋

本のいいとこおすそわけ。 今回ご紹介するのは、町田洋さんの『夜とコンクリート』。第17回文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞を受賞しています。 表題作のみ、公式ホームページで閲覧できます 町田洋 夜とコンクリート 町田さんの作品の雰囲気を知るため…

駕籠真太郎版『世界の終わりとハードボイルドワンダーランド』―『フラクション』駕籠真太郎

本のいいとこおすそわけ。 今回ご紹介するのは、 駕籠真太郎 さんの『フラクション』。 これは…なんと言えばいいのか。表題作を読むと、 おそらく笑う人と怒る人がいるはず。ちなみに僕は驚くと共に笑った。猟奇ミステリーを読んで笑うとはどういうことか、…

保存版!みんなの「おすすめマンガまとめ」のまとめ 【2016年も健在】

「またまとめ記事かよ…」と思いながらもクリックしてしまったあなた。そうです、まとめです。 ただし、僕個人のまとめではなくほかの方々の「まとめ」をまとめました。なんか子どもの頃の言葉遊びみたいですね。そのうち「まとめのまとめのまとめのまとめ を…

ラスト3ページでゾクッとするサスペンスホラーマンガ―『ミュージアム』巴亮介

小栗旬さん主演の映画『ミュージアム』が公開中。この記事では原作のマンガを紹介しています。 今回ご紹介するのは、巴亮介さんの『ミュージアム』というサスペンス・ホラーマンガです。3巻で完結する比較的短いマンガですが、かなり出来がよかったです。 あ…

「犬」とは何か、考えたことありますか?―『伝染するんです』吉田戦車

本のいいとこおすそわけ。 どうも、いろぷらです。 これはすごいです。『伝染するんです』は最近読んだマンガの中で1番。だけど、人を選ぶ作品。 4コママンガでこれだけ考えさせられる作品があるのか、と驚いた。僕がこれまで読んできた4コママンガはどれも…

趣味があれば生きられる―『花と奥たん』高橋しん

本のいいとこおすそわけ。 こんにちは、いろぷらです。 『花と奥たん』は『最終兵器彼女』の作者高橋しんさんの作品。2007年から『週刊ビッグコミックスピリッツ』で不定期連載中です。 あらすじ 東京近郊の住宅街、うるわしが丘。そこの一戸建てに、ミニウ…

人はいつになったら大人になれるのか―『劇画・オバQ』藤子・F・不二雄

『劇画・オバQ』は『オバケのQ太郎』の後日談だ。社会人になった主人公、正ちゃんのもとにオバケのQ太郎がやってくるところから始まる。 オバケの一生は500年。地球の1/5のスピードで歳を取るらしく、Q太郎はいまだに子ども時代の振る舞いをする。夜遅くまで…

タラレバ、って理想ばっか語ってんじゃねぇ!!―『東京タラレバ娘』東村アキコ

本のいいとこおすそわけ。 こんにちは、いろぷらです。 いつも読んでくださってありがとうございます。 今回取り上げるのは、東村アキコさんの『東京タラレバ娘』というマンガです。この作品は『このマンガがすごい!2015』の第2位を獲得している人気作品で…

「このマンガがすごい!2015」ランキング上位10作品まとめました【オトコ編】

先日、このマンガがすごい!2015 が発表されました。 このマンガがすごい!とは すごい、楽しい、おもしろい、オススメしたい……。そんなマンガを多数紹介してきた、マンガの年刊ガイドブックが「このマンガがすごい!」です。 ランキングは書店員や、雑誌編…

ささいなことで傷ついてしまうのが現実 ―『ちーちゃんはちょっと足りない』阿部共実

『ちーちゃんはちょっと足りない』は2014年度の第18回文化庁メディア芸術祭、マンガ部門の優秀賞を受賞した作品。 さらに、先日発表された「このマンガがすごい!2015」オンナ編で1位を受賞しました。おめでとうございます! 読んでみて、複数の賞に選ばれる…

この "無職感" に癒やされる。―『34歳無職さん』いけだたかし

本のいいとこおすそわけ。 今回ご紹介するのは、『34歳無職さん』というマンガです。 概要 『34歳無職さん』の作者はいけだたかしさん。メディアファクトリーの月刊漫画雑誌『コミックフラッパー』で連載されています。無職である34歳独身女性の何気ない日常…

こんなマンガがあったのか!メディア芸術祭 受賞マンガ 32作品まとめました【2014-12-20更新】

先日、2014年度第18回文化庁メディア芸術祭の受賞作品が発表されました。 メディア芸術祭とは 文化庁メディア芸術祭はアート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4部門において優れた作品を顕彰するとともに、受賞作品の鑑賞機会を提供するメデ…

禿げたオッサンのツンデレ話―『春風のスネグラチカ』沙村広明【メディア芸術祭】

こんにちは。 本のいいとこおすそわけのコーナーです! 『春風のスネグラチカ』は2014年度の第18回文化庁メディア芸術祭、マンガ部門の優秀賞を受賞した作品。作者は沙村広明さん。マンガ・エロティクス・エフで2013年〜2014年に連載されていました。 あらす…

熱くて痛い、少し前の自分を見ているような気になる ―『アオイホノオ』島村和彦【メディア芸術祭】

本のいいとこおすそわけのコーナーです。 『アオイホノオ』は2014年度の第18回文化庁メディア芸術祭、マンガ部門の優秀賞を受賞した作品。2007年から連載が始まり、未だに連載中です。なので最終的な展開はまだわかりませんが、おすすめなのでご紹介します。…

映画化する『羊の木』は思わず入り込んでしまう名作マンガ。いがらしみきお原作、メディア芸術祭で優秀賞

2016/09/23追記 こちらの記事で紹介している『羊の木』の映画が2018年公開します。そこに関ジャニ∞の錦戸亮さんが出演することが発表されました。記事上部では原作であるマンガの紹介、下部で映画の情報を追記しています。 目次 マンガ『羊の木』のあらすじ …

人はよくわからないものを恐れる。『座敷女』ー望月峯太郎

本のいいとこおすそわけ、記念すべき第一弾! (初めましての方は以下を参照してください。) <a href="http://irodoriplus1.hatenablog.com/entry/2014/11/24/%E6%9C%AC%E3%81%AE%E3%81%84%E3%81%84%E3%81%A8%E3%81%93%E3%81%8A%E…

本のいいとこおすそわけ

以前からいくつかの本をご紹介しているのですが、雑多な記事の中にあると本の記事だけ見たいというときに不便なのではないかと思うようになりました。そこで、本の記事をコーナー化してしまいます! その名も 「本のいいとこおすそわけ」 です!! 言いたす…

どれぐらいの時間でブログを書くか。 ゲームにしちゃえばいいんじゃない?

僕がいつも読ませていただいているブログにこんな話がありました。 ブログ1記事をどれくらいの時間で書くか? - 読書で本から学ぶブログ やはり書けるならできるだけ早く、質の高い記事を書きたいですよね。ブログの執筆時間に関する議論を見ていると読書ス…