いろどりぷらす

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いろどりぷらす

ふつうの生活に彩りをプラス!おもしろいコンテンツを紹介したり、考えたことを書きます。

『女子高生に殺されたい』は読むと女子高生に殺されたくなる問題作

おすすめマンガ サスペンス

 

 

f:id:irodoriplus1:20151012075958j:plain*1

 

あー、こんな女子高生に殺されたい。ただ単に殺されるんじゃなくて、できれば絞殺。しかも完全犯罪で殺してほしい。自分のせいで罪に問われるなんてかわいそうだから...

 

このタイトル、思わずクリックしてしまう力があるでしょ。残念、釣りです。いや、正確に言うとタイトルとしては適切ですが自分の欲望を表しているわけではありません。確かに女子高生は魅力的だとは思うけど、殺されたいなんて全く思ったことありません。実はこれ、マンガのタイトルなんです。2015年2月単行本が発売されて、まだ1巻しか出ていませんが完結して名作になる予感がします。

 

 

女子高生に殺されたい 1巻

女子高生に殺されたい 1巻

 

 

もはやタイトル買いした『女子高生に殺されたい』 

今回は思わず表紙買い、いや、もはやタイトル買いしてしまった古屋兎丸さんの作品の感想を書きたいと思います。

 

 

あらすじ

女子高生に殺されたいがために高校教師になった男・東山春人。彼の標的は1年3組の美少女・佐々木真帆(16歳)。彼女による“理想的な殺され方"の実現のため、密かに綿密に計画を練るのだった…! 

 

主人公は女子高生に殺されたい高校教師

あらすじを読むとわかりますが、タイトル通り「女子高生に殺されたい」という願望を持つ教師の物語です。この設定からしてけしからんわけですが、いわゆるラブコメ的にすぐに願望が叶えられる展開ではありません。冒頭はただ主人公が妄想しているだけだし、アスペの女子高生がとりあえず「ぽよ」と語尾につけてるだけ。

 

「女子高生に殺されたい」というような性的嗜好は極めて個人的なもので、違う嗜好を持つ人との間には全く理解できない断絶がある。そもそも他人がどんなものに対して性的興奮を覚えるのかなんて知る機会がありません。調べてみると、世の中にはこんな嗜好があるようです。

 

性的嗜好の種類


・アクロトモフィリア(身体欠損性愛)
四肢を欠損(破壊)しようとする行為への性的嗜好。


・ネクロフィリア(屍体性愛)
死体への性的嗜好。

 

・サイダロドロモフィリア(列車性愛)
電車などの機械や鉄道製品への性的嗜好。

 

などなど...

 

他人の性的嗜好を「わかる」ことはできない

上記のものは極端な例かもしれませんが、名前があるということは性的嗜好としてある程度地位が確立されている証拠。誰か1人しか持っていない嗜好に対して名前はつかないですね。おそらく「お前変わってるなー」ぐらいの話で終わってしまいます。

 

本書の「女子高生に殺されたい」という願望も「オートアサシノフィリア(恐怖性愛)」という名前があります。こうした他人の嗜好は普段は全く知ることができません。 もしかしたら電車で隣に座っている人も「女子高生に殺されたい」と思っているかもしれません。おー、怖い。いや怖くはないか。

 

「サイダロドロモフィリア」という電車に対する性的嗜好を持つ人がいるなら、こんな人もいるかもしれません。

 

・ピーナッツを鼻に詰めると興奮する人
息苦しいのが好きなMっ気のある人ですかね。


・味噌汁に浮いているわかめに興奮するという人
んー、なんだろう。わかめがゆらゆらと浮いているのがいわゆる「わかめ酒」的な感じを連想させるのでしょうかね。


・ホテルのボウル状の浴槽にローションを塗りたくって、そこに女性を入れ、手で押してツルツルと滑らせているという状況に興奮する人
宮川大輔さんが…。※『大輔宮川のすべらない話2』 参照。

 

仮にこんな性的嗜好を持っていたとしても、電車で隣に座ってる人がどんな嗜好を持っているかなんてわからない。言葉として伝えられても、他人の性癖を「わかる」ことはできません。ナッツを鼻に詰めると興奮する人は、味噌汁に浮いているわかめに興奮するという人の感覚を味わうことはできないでしょうし、逆もまたしかり。興奮しない人は興奮できないでしょ。正直言って、僕は女子高生に殺されたいなんて欲望はこれっぽっちもわかりません。

 

人は他人の人生を求める 

本来はその存在を知ることすらできないような、他人の一面を覗くことができるのは小説やマンガといった物語のいいところ。極端に言ってしまえば、人が物語を求めるのは、他人の人生を生きられるからです。本作『女子高生に殺されたい』では、上記のような他人が知りようのない性癖を持つ人の感覚を、「自分のもの」として味わうことができます。

 

この作品が特徴的なのは、テーマに加えてコマの使い方。

 

f:id:irodoriplus1:20151010192405j:plain

f:id:irodoriplus1:20151010192407j:plain

 

作品の冒頭からこんな風に独白が続くので、女子高生に殺されたいという願望を持つ主人公と一気に同化して、いつの間にか自分も女子高生に殺されたいという願望を持っているのではないかと錯覚してしまいます。現実の自分とは全く違う人生を生きるのは楽しいですね。

 

まだ1巻しか出ていませんが、とても先が気になる問題作です。新しい作品なので読んでいる人はまだ少ないですが、後に話題になる作品でしょう。おすすめです。

 

女子高生に殺されたい 1巻

女子高生に殺されたい 1巻

 

 

関連記事

無邪気でかわいい女子高生を眺めつくすー『女子かう生』若井ケン

駕籠真太郎版『世界の終わりとハードボイルドワンダーランド』―『フラクション』駕籠真太郎

『ムシヌユン』都留泰作― 性器が変形!?よくわからないのが癖になる、エログロ昆虫マンガ