いろどりぷらす

いろどりぷらす

ふつうの生活に彩りをプラス!おもしろいコンテンツを紹介したり、考えたことを書きます。

もはやホラー?世界感がクセになる猫エッセイマンガ『伊藤潤二のよん&むー』― 伊藤潤二

 

こんな猫マンガ読んだことない。

 

ホラーで有名な伊藤潤二の猫エッセイマンガ 

伊藤潤二さんというと、ホラーマンガが有名です。『うずまき』 とか。今回ご紹介するマンガはというと、作者の結婚を機に妻が飼っていた猫と新しい猫を新居で飼い始めるという、いかにもほのぼのしたストーリーになっています。

 

これだけの説明だと、どっかで読んだものと似ている気がします。たとえば、以前ご紹介した猫マンガとして『ワカコ酒』 の作者・新久千映さんの『新久千映のねこびたし』 があります。こちらは猫を溺愛する作者が拾った猫を飼い始めて、ひたすら愛でるという内容です。

 

ただねこのいる生活がおもしろい。ねこ好き歓喜のねこエッセイマンガー『ねこびたし』新久千映

 

猫はただいるだけでおもしろいコンテンツに 

猫をはじめとするペットは、人間が思いつかないようなことを突然するので、その行動をちゃんと描くだけでもおもしろいコンテンツになってしまうんですよね。だから世の中には動物を描いたコンテンツはたくさんあります。

 

猫エッセイマンガはありきたりとも言えるような内容なのに、なぜ本作が他にはない魅力があるのか。その理由は、作者の絵にあります。伊藤潤二さんの絵が醸し出す世界観が、この作品を普通ならざるものに変えているんです。

 

たとえば冒頭のシーン。

 

f:id:irodoriplus1:20151017203526j:plain

 

これですよ。

 

f:id:irodoriplus1:20151017203611j:plain

 

これ。

 

f:id:irodoriplus1:20151017203749j:plain

 

言ってることは合コンに出現するゆるふわ女子と同じなのに、顔怖すぎ。

 

夜に出会ったらションベンちびるレベル。なぜかこのマンガでは作者の妻はほぼすべて白目を剥いています。(妻公認らしい) 全体的に明らかにホラーテイストなんですよ。

 

展開としても稲川淳二の「あれ、なーんか変だなー。怖いな〜怖いな〜」的なくだりがありますが、その後にはこの溺愛っぷり。

 

f:id:irodoriplus1:20151017204022j:plain

f:id:irodoriplus1:20151017204046j:plain

 

この絵のタッチだと、手足をもいでほんとに食べそう...。猫好きすぎでしょ。作品の冒頭では犬派って言ってたのに。


絵のテイストと内容にギャップがあっておもしろい、おすすめのマンガです。伊藤さんのように猫好きではない人も、このマンガで猫が好きになってしまうかもしれません。

 

f:id:irodoriplus1:20151017204216j:plain

 

 

こちらもおすすめ

ただねこのいる生活がおもしろい。ねこ好き歓喜のねこエッセイマンガー『ねこびたし』新久千映

駕籠真太郎版『世界の終わりとハードボイルドワンダーランド』―『フラクション』

人はよくわからないものを恐れる。『座敷女』ー望月峯太郎

広告を非表示にする