いろどりぷらす

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いろどりぷらす

ふつうの生活に彩りをプラス!おもしろいコンテンツを紹介したり、考えたことを書きます。

第19回 メディア芸術祭受賞作品展に行ってきました

マンガ アート 展示会

2月3日から開催されている第19回文化庁メディア芸術祭に行ってきました。簡単なレポートです。

 

f:id:irodoriplus1:20160203221448j:plain

 

文化庁メディア芸術祭ってなに?

文化庁メディア芸術祭は、アート・エンターテイメント・アニメ・マンガの4部門それぞれの優れた作品を掲示している展示会です。

 

いきなり目に入ったのがソースコード!?

展示会場に足を踏み入れてまず驚いたのは、最初に目に入る展示物がソースコード!文字がプリントされた紙が額縁に収まっているのはなかなか様になっています。

 

f:id:irodoriplus1:20160203221344j:plain

 

これはアート部門で大賞をとった作品でとてもシンプルなコードで黒から白に50段階のグラデーションを描くというもの。

 

マンガ部門コーナーはマンガ好きがよだれを垂らす

マンガ部門のコーナーには、各受賞作のネームや原画がおいてありました。

 

全体はこんな感じ。

#メディア芸術祭 #マンガ #淡島百景 #かくかくしかじか

 

マンガ部門の真ん中には受賞作品すべてが読めるようになっています。昨年訪れた際にはなかった試みです。同人誌の受賞作もあるのでここでしか読めない作品も。

 

f:id:irodoriplus1:20160203222658j:plain

 

f:id:irodoriplus1:20160203222135j:plain

 

f:id:irodoriplus1:20160203222210j:plain

 

今回の受賞作家の中では東村アキコさんと志村貴子さんのファンなので、彼女たちのネームや原画をまじまじと見れて感動。特に志村さんのあの淡い繊細な絵のタッチは印刷されたものとは全く違う質感です。

 

東村アキコさん『かくかくしかじか』

f:id:irodoriplus1:20160203222318j:plain

 

f:id:irodoriplus1:20160203223015j:plain

 

f:id:irodoriplus1:20160203222412j:plain

 

f:id:irodoriplus1:20160203223251j:plain

 

 

志村貴子さん『淡島百景』

f:id:irodoriplus1:20160203222846j:plain

 

f:id:irodoriplus1:20160203222517j:plain

 

f:id:irodoriplus1:20160203223341j:plain

 マンガ家の方々の作業机を見ると、やはりそれぞれの性格が出ていますね。

 

僕らはマンガ雑誌や単行本としてキレイにまとめられて量産された結果のものしか目にしていませんが、大学ノートに描かれた雑な手書きの文字や印刷には載らない薄いペンで入ったアシスタントへの指示などをこうして見ると、普段手にしているマンガの制作過程における苦労を体感できて作品をよりじっくり味わえるような気がします。この感覚は写真では伝わらないのでぜひ足を運ぶことをオススメします。

 

その他で印象に残ったものも紹介していきます。

 

裏の目立たないところにあったのがこの『2.5次元マスク』。誰でもない誰かになれるという作品です。

 

f:id:irodoriplus1:20160203223524j:plain

 

マスクだけ並んでいるのを見ると異様な光景ですが、実際に人がつけると意外とフィットしていて日常に溶け込んでいるのが不思議です。

 

f:id:irodoriplus1:20160203223632j:plain

 

会場内を歩いていて思わず足を止めてしまったのが『Solar Pink Pong』。足元に照らされているライトが、歩く人を感知してピンポン球のように跳ねるんです。

 

#メディア芸術祭 #ピンポン #楽しい

 

観察してたら、だいたいみんなここで止まっていました。

 

最後に紹介するのは『Rhizome』というアニメーション作品です。圧倒的な細かさで描かれた小さな生き物のようなものの集合体が蠢いています。作者によるとドゥルーズとガタリという哲学の偉人の概念からこの作品の創作に至ったようです。

 

RHIZOME - Bande Annonce from Boris Labbé on Vimeo

 

メディア芸術祭に行ってきました。高速道路の様子を見てて飽きないようにこの動画もずっと見てられる。#メディア芸術祭 #動画 #中毒性

 

ぼーっと見ていたい映像。

 

ほんの一部の目に止まった作品の紹介をしてみましたが、他にも興味深いものがたくさんありました。もともとあまり興味のなかった作品やここに来なければ知りえなかった作品に出会えるのは展示会の醍醐味ですね。

 

メディア芸術祭開催概要

会期 : 2016年2月3日(水)~2月14日(日)

会場 : 国立新美術館、TOHOシネマズ 六本木ヒルズ、スーパー・デラックス、セルバンテス文化センター東京

入場料 : 無料

 

第19回文化庁メディア芸術祭