いろどりぷらす

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いろどりぷらす

ふつうの生活に彩りをプラス!おもしろいコンテンツを紹介したり、考えたことを書きます。

マンガ好きが講談社30%還元セールから自信を持って選ぶ、おすすめ23作品

まとめ おすすめマンガ セール

 

KindleのセールというとKADOKAWAが思い浮かびますが、たまに他の出版社もセールをしています。今回は講談社の16744作品が30%のポイント還元セールを行っています。実質30%オフというやつですね。マンガはポイント還元に加えて値引きされているので、この記事でご紹介している作品はどれも200円〜300円引き(一部大幅値下げの例外あり)になっています。

 

ちなみに、このセールは12日までのようなのでAmazonでの評価などを見つつ、ご購入はお早めに。

  

4月は君の嘘 

四月は君の嘘(10)

四月は君の嘘(10)

 

もう僕の紹介がいらないほどに有名な音楽×青春の作品ですね。いま放送しているアニメもかなり盛り上がっています。 

 

 

聲の形

聲の形(1)

聲の形(1)

 

 耳が聞こえない女の子と、いじめがテーマの作品。「このマンガがすごい!2015」で1位になったりと、『四月は君の嘘』と同じくかなり有名な作品です。

 

 

寄生獣

寄生獣(1)

寄生獣(1)

 

アニメ化、映画化で広く知れ渡った名作。自分の中に他の生き物が宿るというのはどんな感覚なのでしょうか。

 

 

ヒストリエ 

ヒストリエ(1)

ヒストリエ(1)

 

『寄生獣』の作者である岩明均さんの作品。僕は『ヒストリエ』の方が好きです。舞台は紀元前。アレキサンダー大王の書記官となるエウメネスの生涯を描いた歴史マンガ。

 

 

外天楼

外天楼

外天楼

 

 

外天楼と呼ばれる建物にまつわるヘンな人々。エロ本を探す少年がいて、宇宙刑事がいて、ロボットがいて、殺人事件が起こって…?謎を秘めた姉弟を追い、刑事・桜場冴子は自分勝手な捜査を開始する。

 

”迷”推理が解き明かすのは、外天楼に隠された驚愕の真実…!?奇妙にねじれて、愉快に切ないー石黒正数が描く不思議系ミステリ!!(裏表紙より)

 

1巻で完結 するおすすめのマンガ。はじめは「なんでこんな話しているんだろう」というのが少しずつ重なっていって…。

 

 

東京タラレバ娘

東京タラレバ娘(1)

東京タラレバ娘(1)

 

以前、記事にしましたので、詳細はそちらから。東村アキコさんのギャグセンス満載の未婚女性の心をえぐる爆笑必須のマンガです。いま日本橋の高島屋とコラボしているようです。

 

タラレバ、って理想ばっか語ってんじゃねぇ!!―『東京タラレバ娘』東村アキコ - いろどりぷらす

 

 

累 

累(1)

累(1)

 

こちらの作品も以前ご紹介しました。口づけによって他人の顔を奪うことができる口紅を持った主人公が自分の人格を捨て、他人として生きようとする物語です。かなり先が気になります。

 

私はあなたになりたいの ー『累』松浦だるま - いろどりぷらす 

 

 

いぬやしき 

いぬやしき(1)

いぬやしき(1)

 

超有名作品『GANTZ』の奥浩哉さんの最新作。この表紙のおじいさんが...!!試し読みもできるので、そちらも参考にどうぞ。 『GAMTZ』が好きなら読みましょう。

 

いぬやしき / 奥浩哉 - イブニング公式サイト - モアイ

 

 

子供はわかってあげない

子供はわかってあげない(上)

子供はわかってあげない(上)

 昨年末から現在にかけて、かなり人気が上がってきた作品。「このマンガがすごい!」で3位、「俺マン2014」で1位と、マンガ好きに評価されている作品です。

 

ああ、こんな素敵な夏休みいいな ー『子供はわかってあげない』田島列島 - いろどりぷらす

 

 

ミュージアム

ミュージアム(1)

ミュージアム(1)

 

僕のブログの中でも『ミュージアム』の記事はかなり読まれているので、いま人気が出始めているマンガなのでしょう。3巻で完結なので手を出しやすく、完成度が高いサスペンス・ホラーなのでおすすめです。

 

ラスト3ページでゾクッとするサスペンスホラーマンガ―『ミュージアム』巴亮介 - いろどりぷらす

 

 

刻々

刻刻(1)

刻刻(1)

 

 不思議な世界観を持ったマンガ。カルト的な人気を誇っているのがわかる。水木しげるさんや、伊坂幸太郎さんも評価しているよう。

「最近、『何か面白い漫画ありますか?』と質問されると、まっさきにこの作品のことを口にします」

 

 

宝石の国 

宝石の国(1)

宝石の国(1)

 

幻想的で独特な世界観を持ったマンガ。『かくかくしかじか』の東村さんが『このマンガがすごい!2015』本誌の中で「枕元に置いて毎晩ながめてから寝る、宝石のような作品」と評価しています。

 

この宝石の欠片は本棚に置いておきたいー『宝石の国』市川春子 - いろどりぷらす

 

 

虫と歌

虫と歌 市川春子作品集

虫と歌 市川春子作品集

 

『宝石の国』の作者である市川春子さんの短篇集。宝石の子どもたちではなく、こちらは虫が人のような姿をしている世界が描かれています。全体的に切ないテイストのものが多く、表題作の『虫と歌』が特におすすめです。市川春子さんの作品が好きなら、ぜひ読んでみてください 。

 

 

Spirit of Wonder

Spirit of Wonder

Spirit of Wonder

 

 これは割引率が「ひえーっ」て感じです。 元値から58%オフで、さらに30%ポイント還元。今回のセールで最もお得な作品かもしれません。

 

以前記事にした、『おもいでエマノン』の鶴田謙二さんの短篇集。402ページという大ボリュームなので、彼の幻想的な作風が好きな人は確実に読んだほうがいい。Amazonでの評価もかなり高い。中でも力のあるレビューをひとつ引用させていただく。

寡作のアーティストは数いれど、彼は5年に短編一作という超遅筆でも知られるが、その30ページそこそこの短編の内容の濃さといったら、並みの作家の単行本一冊、いや10冊にも匹敵しようかというほど。

 

過去のSF小説の名作へのオマージュをこめたアイデアを、練って練って練り上げたコマ割りと構図、魅力的なキャラクター設定で、スケールの大きな話に作り上げている。温暖化が進行し都市が水中に没した未来や、時間旅行、はたまた奇天烈な発明など、SFファン一撃ノックアウトの設定を、その設定に押しつぶされることなくSFのもうひとつの重要な要素であるヒューマンドラマを盛り込んで描ききる才能と画力を持ったアーティストは、ちょっとそこらへんには他に見当たらない。(Amazon.co.jp: Spirit of Wonder (KCデラックス モーニング): 鶴田 謙二: 本) 

 

 

羊の木 

羊の木(1)

羊の木(1)

 

少子高齢化の進んだ村に、突然重犯罪を犯した人たちが来たら、みなさんはどうしますか? 2014年度の第18回文化庁メディア芸術祭、マンガ部門の優秀賞を受賞した作品。

 

信用できるのは誰?思わず入り込んでしまうマンガ―『羊の木』いがらしみきお【メディア芸術祭】 - いろどりぷらす

 

 

あそびあい 

あそびあい(1)

あそびあい(1)

 

女性不信になるかもしれないので、男性の方々は気をつけてください。主人公の少年が恋したのは、体の関係を持つことに全く抵抗がない女の子。「好きってなに? 」「なんでしちゃだめなの?」と恋人に聞かれて答えられますか。恋と欲について考えさせられる作品です。

 

 

ヒミズ

ヒミズ(1)

ヒミズ(1)

 

かなりいい作品だったので、記事を書こうと思ったのですがうまく書けず断念していました。ラノベやアニメの主人公は普通であることに飽きていますが、この作品の主人公は真逆。普通であることを強く願っている少年です。ネタバレを見ずに読んでください。 

 

 

座敷女

座敷女

座敷女

 

かなり怖いホラーマンガです。ゾンビのような生物に襲われる話ではなく、都市伝説系の話です。何に襲われているのかよくわからないのがとても怖いです。

 

【本わけ】人はよくわからないものを恐れる。『座敷女』 - いろどりぷらす

 

 

グラゼニ

グラゼニ(1)

グラゼニ(1)

 

野球×金という不思議なマンガ。ホリエモンが「おもしろい」と褒めているマンガでもあります。

堀江:『グラゼニ』、面白いですね!なんでこんなマンガが今までなかったのか僕には不思議なくらいです。 (NPBに物申す!―『グラゼニ』の原作者と語る、「プロ野球はこうすれば面白くなる!」【森高夕次×堀江貴文】 前編 - マンガHONZ)

 

 

彼女とカメラと彼女の季節

彼女とカメラと彼女の季節(1)

彼女とカメラと彼女の季節(1)

 

 

 

R-中学生

R?中学生(1)

R?中学生(1)

 

珍しい性癖を持った男子中学生や、とことんバカな奴など、読後に「ほんっと... バカだなぁ お前ら」と愛をこめて言いたくなります。

 

思春期エネルギー全開っ!!! ほんっと... バカだなぁ お前らー『R-中学生』ゴトウユキコ - いろどりぷらす

 

 

僕は問題ありません 

僕は問題ありません

僕は問題ありません

 

先日ご紹介した宮崎夏次系さんの作品。テイストは『夢から覚めたあの子とは きっと上手く喋れない』と同じです。憂鬱な日に読むと、少し前を向けるようになるかもしれません。

 

演じることを求められる子どもたちー『夢から覚めたあの子とは きっと上手く喋れない』宮崎夏次系 - いろどりぷらす

 

セール作品一覧はこちら

講談社30%ポイント還元セール

 

この記事が気に入っていただけたのなら、こちらはいかがでしょう。

きっと大賞は『子供はわかってあげない』だ!『マンガ大賞2015』あらすじ&感想大賞候補14作品まとめ - いろどりぷらす

RPGの世界で生きるとはこういうこと。『ダンジョン飯』は生活感満載のグルメマンガでおもしろい(感想) - いろどりぷらす

保存版!みんなの「2014年に読んだおすすめマンガまとめ」のまとめ【2015-01-09更新】 - いろどりぷらす